湿気や高温は禁物!?機械式時計の保管方法

繊細で脆い構造の機械式時計

高級時計として知られる機械式時計。つくりが精巧であるため、どうしても壊れやすかったりします。しかし、しっかりと手入れをすれば、何年でも使い続けることができるものでもあります。機械式時計を保管するときは、まず湿気や高温を気にしなければなりません。というのも、機械式時計は高温多湿にとても弱いつくりをしているからです。高温多湿は機械式時計の寿命に関わってくると同時に、時間も狂ってしまいやすくなってしまうので注意しましょう。

磁気に気を付けること

機械式時計は周りの環境からも大きな影響を受けてしまいます。たとえば、磁気を発するものの近くに置いておくと、時間が激しくずれ込んでしまうことがあります。たとえば、携帯電話やスマートフォンのそばであるとか、電子レンジなどの調理器具などの近くに何気なく置いてしまっても良くありません。保管するときは、専用のケースに入れるなどして、周りの磁気の影響を受けないように気を付ける必要があります。それは機械式時計の寿命にも大きな影響を与えることがあるので気を付けましょう。

衝撃に弱い構造を持っている

機械式時計は、高温多湿や磁気のほかに、衝撃にも大変弱い構造を持っています。ちょっとした衝撃であっても、時計に狂いが生じてしまったり、はたまた壊れてしまうなどといったことも考えられます。テーブルの上から落としてしまったなどということがないようにしたいところです。不安定なところに置いておくのではなく、できるだけ安定したところに保管しておくことが基本です。機械式時計はその保管方法や保管場所によって、寿命が大きく違ってくるものなのです。

ウブロは「融合の芸術」をモットーに、金合金からカーボン、ステンレススチールなどさまざまなものをを組み合わせ新しい素材を作り出しています。